施工事例

カバザクラと金属の家

M邸 

述べ床面積:109.1㎡(33坪)
木造軸組工法 / 2階建

敷地は2方道路に囲まれたやや変形した
50坪の形状。
敷地を無駄なく利用する為、
建物を凹凸にプランニングしながらも、
シンプルな外観、機能的な動線を実現。

木(カバザクラ)と金属との
コントラストを強調するという
お施主様とのキーワードを大切にし、
素材の対比が活きる様、
各決定事項を決めていきました。


カバザクラの無垢のフローリングが
外部へ広がるようなウッドデッキ。
庇と金属の柱とで半外部空間をつくり、
内と外の曖昧な境界をつくる。
室内ではカバザクラが強調されるように、
白を基調とした内装。


所々に木の造作を施したり、
天井・壁も全て木で仕上げた空間を設けるなど、
木のコントラストも多様な変化を楽しめる家です。
住宅に関する様々な情報・材料がある中、
「ご計画において何を行いたいか」
を設定する大切さを感じさせる住宅です。